アジアの未来2010 「開かれた経済圏へ〜新たな成長基盤を築く」

講師略歴

チャロンポップ・スサンカーン

タイ開発研究所 特別フェロー

チャロンポップ・スサンカーン

1950年4月10日生、60歳

バンコクに本拠を置く民間の非営利政策調査機関、タイ開発研究所(TDRI)の特別フェロー。英ケンブリッジ大学を卒業後、同大学で経済学博士号を取得。その後1977年から1979年まで米カリフォルニア大学バークレー校(UCB)経済学部で教鞭をとり、1979年から1985年までワシントンの世界銀行の調査部門に勤務。1985年に帰国後、TDRI入りし、1996年にTDRI所長に就任。2007年にタイ財務相に就任するまで務めた。2008年2月に財務相退任後にTDRIに復帰した。

タイ経済学会エグゼクティブ・ボードの委員長であると同時に、アジア太平洋経済社会委員会(ESCAP)が発行するアジア太平洋開発ジャーナルやASEANエコノミック・ブレティン、アジア開発銀行が発行するアジア開発レビュー、日本経済研究センターが発行するエイジアン・エコノミック・ポリシー・レビューなど複数の学術誌の顧問委員を務める。東アジア開発ネットワーク(EADN)やグローバル開発ネットワーク(GDN)といった研究者のネットワークの地域コーディネーターでもある。2004年にはタイのナショナル・リサーチ・カウンシルの国家優秀研究者賞を受賞した。


このサイトについて

日本経済新聞社について