アジアの未来2010 「開かれた経済圏へ〜新たな成長基盤を築く」

講師略歴

スリン・ピッスワン

東南アジア諸国連合(ASEAN)事務局長

スリン・ピッスワン

現在、ASEAN事務局長を務めるスリン氏は1986年にタイ国会議員に選出、7期にわたり議員を務めた。この間、1988年に同国内務省の次官補に就任し、1992-1995年は外務副大臣。1992年から2001年まで外相を務めた。

1975-1986年にはタイ・タマサート大学で教鞭をとり、ネーション・レビューやバンコク・ポストのコラムニストの経歴も持つ。1983-1984年にはジェラルディン・フェラーロ米下院議員事務所などのフェローを務めた。

現在はグローバリゼーションの社会的側面に関する委員会、米外交評議会の国際顧問委員会などのメンバーや英オックスフォード大学イスラム研究センターの国際学術顧問を兼務している。

1972年に米カリフォルニア州のクレアモント・メンズ・カレッジで政治科学の学位を取得。米ハーバード大学で修士、博士号を取得した。


このサイトについて

日本経済新聞社について