第25回国際交流会議 アジアの未来

2019年5月30日(木)、31日(金)東京都内

講師略歴

ファム・ビン・ミン

ファム・ビン・ミン

ベトナム副首相兼外相

1959年、ベトナム・ナムディン省生まれ。職業外交官として35年近い経験を有する。さまざまな外交の要職を歴任し、二国間および多国間外交で幅広く手腕を発揮してきた。
家族は妻と子ども2人。

 

学歴
1981年に外交大学(現在のベトナム外交学院)を卒業。米国タフツ大学フレッチャースクールで法律外交修士号を取得。
英語に堪能。

 

職歴
1981年に外務省に入省し、研修局(現在の人事組織局)に配属。1982年から1985年まで在英国ベトナム大使館に勤務。1986年から1990年まで総合政務局(現在の国際機関局)専門官を務めた。
1991年から1999年まで国際機関局副局長を務めた。1999年から2003年1月にかけて、在米国ベトナム公館における要職(国連ベトナム代表部副代表、在米国ベトナム大使館公使および副大使)を歴任。
2003年3月から2006年9月にかけて、外務省国際機関局長代理および国際機関局長、ならびに諸外国との折衝に当たる人権対話代表団長を務めた。
2006年4月にベトナム共産党第10期中央委員候補に選出された後、2009年1月に第10期中央委員に昇格。また、2008年11月に第13期国会議員に選出された。
2006年9月から2011年8月にかけて、外務大臣補佐官から外務次官、筆頭外務次官を歴任。
2011年8月に第12代外務大臣に任命される。2011年1月にベトナム共産党第11回党大会において第11期中央委員に選出された。
2016年1月にベトナム共産党第12期中央委員会政治局員および第12期中央委員に選出される。これに先立ち、2013年11月にベトナム社会主義共和国国会において副首相兼外務大臣に任命される。また、第13期国会議員に選出された後、2016年6月に第14期国会議員に再選されている。

 

受章・受賞歴
長年にわたる外交官職において国および共産党から数々の栄誉を受ける。主な受章・受賞歴は以下のとおり。
- ベトナムの外交発展への価値ある貢献により、2003年、外交メダルを受章。
- 2001年から2006年の優れた業績により、2006年、首相表彰を受賞。
- 2002年から2008年の優れた業績により、2009年、第三等労働勲位を受章。
- 国家競争運動における優れた業績ならびに社会主義建設および国防への貢献により、2010年、国家競争戦士を受賞。
- ベトナムの国連安全保障理事会非常任理事国選出における優れた業績および貢献、ならびに社会主義建設および国防への貢献により、2011年、首相表彰を受賞。
- 2011年から2014年の優れた業績ならびに社会主義建設および国防への貢献により、2015年、第一等労働勲位を受章。

 

プログラム一覧へ戻る
開催リポート
  • 速報
*「最新ニュース」は
開催当日に掲載・更新します。
協賛:NOMURA