第25回国際交流会議 アジアの未来

2019年5月30日(木)、31日(金)東京都内

講師略歴

ゴンボジャヴ・ザンダンシャタル

ゴンボジャヴ・ザンダンシャタル

モンゴル国民大会議議長

モンゴル国民大会議にて全会一致で選出され、2019年2月1日よりモンゴル国民大会議議長を務める。

現職に就任以前は、2017年10月から2019年2月まで務めた国務相兼内閣官房長官など、モンゴル政府の要職を歴任。

2004年から2012年までの2期モンゴル国民大会議議員を務め、また任期中の2009年から2012年までモンゴル外交貿易相も務めた。

2012年から2013年までモンゴルの最大政党、モンゴル人民党幹事長。

外交・貿易相在任中は、国の外交方針の刷新から複数の国との新たな貿易協定締結など、多くの外交上の成果を残した。外務・貿易相就任以前には、農業銀行、ハーン銀行、モンゴル中央銀行での勤務など、モンゴルの金融部門において優れた経歴を持つ。 また、国民大会議議員に選出される以前に副農業相を務めた。
ロシアの国立経済法律大学卒業後、モンゴルの貿易産業大学金融経済学部の講師としてキャリアをスタート。

米スタンフォード大学では客員研究者として、モンゴルにおける戦略地政学的状況を鑑みた民主的および政治的発展に関する課題について幅広く研究を行った。研究成果を実務に活かし、モンゴルにおいて審議型世論調査法の制定に貢献、現在も憲法改正などの課題に積極的に取り組んでいる。

査読付きの学術誌や様々な会報に、銀行業に関する問題や国際関係のプロセスをテーマとした論文を多数発表している。強力な改革推進者であり、青少年育成機関に積極的に携わっている。

 

職歴  
2017~2019年 国務相、内閣官房長官
2016年~ モンゴル国民大会議議員
2013~2015年 米国 スタンフォード大学 民主主義・開発・法の支配センター(Centre for Democracy, Development and Rule of Law)客員研究員
2012~2013年 モンゴル人民党幹事長
2009~2012年 外交・貿易相
2008~2012年 モンゴル国民大会議議員
2004~2008年 モンゴル国民大会議議員
2003~2004年 副農業相
2000~2003年 ハーン銀行副本部長
1998~2000年 モンゴル銀行、研修センター所長、全権代表者、管財チームメンバー
1995~1998年 農業銀行(現ハーン銀行) エコノミスト、外国為替部門所属、構造改革責任者、外国為替部門部長
1992~1995年 マーケティング・ビジネス研究センター(Research Centre for Marketing and Business) 研究員、貿易産業大学(Institute of Trade and Industry)金融経済学部講師

 

経歴  
2012~2015年 米国 カリフォルニア スタンフォード大学 客員研究員
2002~2004年 マーストリヒトおよびモンゴルビジネス開発機関(MBDA)経営管理学共同修士課程
1991年 ロシア バイカル国立経済法律大学 金融経済学修士号取得
ロシア バイカル国立経済法律大学 名誉教授

 

プログラム一覧へ戻る
開催リポート
  • 速報
*「最新ニュース」は
開催当日に掲載・更新します。
協賛:NOMURA
RIZAP GROUP
Super Hotel